一戸建ての開発|殖産のベストからおしゃれな家を紹介してもらう|人気の家を発見

殖産のベストからおしゃれな家を紹介してもらう|人気の家を発見

一戸建ての開発

住宅

宇都宮市の住宅開発

宇都宮市は栃木県の県庁所在地であり、北関東の経済の中心である点が最大の特色です。したがって地元のベッドタウンとして、古くから一戸建てが開発されてきたのがこれまでの歴史です。また東京都心から100キロ以上の距離が離れているので、栃木県内の職場に通勤する人々のためのベッドタウンであった点がこれまでの特徴です。しかし東北新幹線の開業で大きな変化が起きており、特に東京も通勤圏内になったことで新たな開発が進行中です。そのために新幹線で東京やさいたま市内の職場に通勤する人も増加傾向であり、宇都宮市内では引き続き一戸建て住宅の開発が継続中です。また宇都宮市中心部以外にも、郊外も含めて幅広く開発が行われているのが最近の特徴です。

今後の開発のあり方

宇都宮市内における今後の一戸建て開発では、新たな需要を掘り起こすことが大きなテーマです。そのために市内のマンションに住んでいる人に対しても、一戸建ての魅力を提案することが、不動産業界にとっては最大の課題です。また魅力あふれる物件を分譲するためには、地域との一体的な開発を行うことが今後のポイントです。そのために自治体や流通系企業などとの連携も深めながら、道路や商業施設などと一体化された地域開発を行うことも必要です。また的確に住宅へのニーズを把握するためには、マーケティングも必要です。そこで市場調査会社を活用して、栃木県内の住宅市場の調査をしたり今後の需要予測を行ったうえで、新しく開発計画を立てるのが理想的です。